1

  •  

する自転車 エンペラー

日常の煩わしさを忘れて、静かに旅したい。
日常からの脱出を試みるの道具として自転車は最適な乗り物だろう。
気分の高揚のままスピードを上げれば過ぎ去る風景とともに風を感じ、
疲れたら路肩に自転車をおき、好きなだけ景色を眺めることができる。
誰にも気にせずに自分のペースで走る、そんな良き相棒となるのが「エンペラー」

知らない土地の駅に降り立ち、輪行バッグから自転車を出し組み立てる。これは旅に出る前の一種の儀式。
クラシックな佇まいは四季を問わずどんな風景にも溶け込み
アルミの表情豊かなフェンダーは突然の雨でも気にせず走ることができる。
広がりのあるツーリングバーはポジションの変化で疲れを軽減してくれる。

1973年に誕生して以来、自転車で旅をする人と共にあった「エンペラー」
これからも、どうぞ一緒に。